ファイルシステム

概要

データ解析システムには、磁気ディスクシステムとHSMシステムがあります。それぞれの領域が、ワークサーバ、計算サーバにマウントされています。
※HSMシステムに関する詳細はHSMシステムをご参照ください。

システム名説明ディレクトリ名実態
磁気ディスクシステムホーム領域、グループ領域、ライブラリ領域/home/~
/group/~
など
/gpfs/~
HSMシステムHSM領域
ディスク領域とテープライブラリから構成される階層化ストレージシステム
/hsm/~/ghi/~


gpfs_filesystem_20160823.jpg

磁気ディスクシステム

磁気ディスクシステムでは、ユーザのホーム領域、グループ領域、ライブラリ領域を提供しています。

ホーム領域

  • ホーム領域(/home/“ワークグループ名”/“ユーザ名”)
    ホーム領域には、ワークグループごとのディレクトリがあり、その配下にはワークグループに所属する各ユーザのディレクトリが提供されています。

グループ領域

グループ領域は、ワークグループ領域とその配下のサブグループ用ディレクトリで構成されています。

  • サブグループ用ディレクトリ(/group/“ワークグループ名”/“サブグループ名”)
    ワークグループ領域の配下には、そのワークグループに所属するサブグループごとにディレクトリが作成されており、サブグループに所属するユーザに参照・書き込み権限が与えられています。

ライブラリ領域

ライブラリディレクトリには、全ユーザ共通ライブラリディレクトリとワークグループ共通ライブラリディレクトリがあります。

  • 全ユーザ共通ライブラリディレクトリ
    全ユーザに共通のライブラリが格納され、全ユーザに対する参照権限が与えられます。
  • ワークグループ共通ライブラリディレクトリ(/sw/“ワークグループ名”)
    各ワークグループで決まった容量が割り当てられ、全ユーザに参照権限が与えられます。

クォータ

GPFSサーバ上のホーム領域のクォータの設定はこちらをご参照ください。それを超える利用を希望する場合は、ワークグループ管理者あるいはサブグループ管理者とご相談ください。
グループ管理者につきましては こちら をご参照ください。

なお、ホーム領域の使用状況、およびクォータ設定を確認するには、rquota コマンドもしくはhquota コマンドを実行してください。
グループ領域も同様のコマンド(gquotaコマンドやBelleユーザ専用のbquotaコマンド)を用意しています。詳細はこちらをご参照ください。

  $> rquota
 
                       Block Limits                                            |                        File Limits
  Filesystem     type            KB     quota       limit    in_doubt    grace |    files    quota    limit in_doubt    grace  Remarks
  /home/ce       USR            416         0   104857600           0     none |       13        0        0        0     none
  $> hquota
  HOME directory usage: 0/100 GB (0%)

表示される各項目は、左から順番に以下の通りとなります。

  • Filesystem:対象となる領域
  • type :クォータ・タイプ。FILESETはファイルセット全体のクォータ値と使用率を表示しています。USRは各ユーザごとのクォータ値と使用率を表示しています。

≪Block Limits≫

  • KB(または、MB/GB)ディスク使用容量
  • quota :ディスクソフトリミット
  • limit :ディスクハードリミット
  • grace :ディスク書込不可猶予期間(設定無し。ハードリミットに達した際は * が表示されます)

≪File Limits≫

  • files :保持ファイル数
  • quota :ファイル数ソフトリミット(設定無し)
  • limit :ファイル数ハードリミット(設定無し)
  • grace :ファイル作成不可猶予期間(設定無し)

Last-modified: 2018-04-09 (月) 15:19:38 (147d)