機構内クライアントからの磁気ディスクシステムの利用

磁気ディスクシステム用サーバ(GPFSサーバ)

磁気ディスクシステム用サーバ(以降GPFSサーバと呼称)および、CIFS/NFSサーバは、計算サーバ、ワークサーバ、Gridシステム、KEK内にある研究グループのホストに磁気ディスク領域を提供することを目的としています。研究グループのホストからの磁気ディスク領域へのアクセスは、ユーザ認証機能を取り入れるために NFS Version4 を使用し LDAP を利用した認証方法によるサービス提供を意図しています。クライアントからは NFSv4 にてアクセスできます。セキュリティ上注意が必要なので、特別な理由がある場合に限って利用を認めます。

gpfs_20160823.jpg

磁気ディスクシステム領域

GPFSサーバで提供される磁気ディスクシステム領域について記載します。
なお、新システムでは従来のシステムと同様、所属グループに割り当てられた領域の容量や使用率などをご確認の際は、df コマンドではなく代替ツール(gquotaコマンド)をご利用ください。また、ホーム領域の容量や使用率に関してもご確認をいただけます(hquotaコマンド)。詳しくは、 利用上の注意 を参照ください。

ファイルシステム領域
(ファイルシステム名)
ワークグループ
/サブグループ
ディレクトリクオータサイズ
ホーム領域(gpfs_home)Acc/home/acc100GB/user
Atlas/home/atlas
Bess/home/bess
Central/home/ce
CMB/home/cmb
Had/home/had
ILC/home/ilc
MLF/home/mlf
PS/home/ps
T2K/home/t2k
Theory/home/th
Belle/home/belle250GB/user
Belle2/home/belle2100GB/user
ファイルシステム領域
(ファイルシステム名)
ワークグループ
/サブグループ
ディレクトリクオータサイズ
グループ領域(gpfs_group)Acc/group/acc1 TB
Atlas/group/atlas2 TB
Bess/group/bess5 TB
Centralce_ce/group/ce---
ce_cc/group/ce/cc1 TB
ce_ccs/group/ce/ccs1 TB
ce_ccx/group/ce/ccx1 TB
ce_rad/group/ce/rad1 TB
ce_geant4/group/ce/geant41 TB
ce_pf/group/ce/pf500 GB
ce_kagra/group/ce/kagra1 TB
CMB/group/cmb260 TB
Hadhad_had/group/had---
had_koto/group/had/koto2.3 PB
had_g-2/group/had/g-26 TB
had_high-p/group/had/high-p5 TB
had_trek/group/had/trek30 TB
had_sks/group/had/sks30 TB
had_knucl/group/had/knucl30 TB
had_muon/group/had/muon100 TB
had_staff/group/had/staff10 TB
ILC/group/ilc160 TB
MLFmlf_mlf/group/mlf---
mlf_mlf/group/mlf70 TB
mlf_deeme/group/mlf/deeme1 TB
PFCS/group/pfcs3 TB
PS/group/ps1 TB
T2K/group/t2k250 TB
Theory/group/th5 TB
tmp/group/tmp1 TB
Belle/group/belle800 TB
/group/belle/users1 TB/users
Belle2/group/belle2500 TB
ファイルシステム領域
(ファイルシステム名)
ワークグループ
/サブグループ
ディレクトリクオータサイズ
ライブラリ領域(sw)---/sw---


CIFS/NFSサーバ

サーバ一覧

CIFSサーバは、2台のマシンで冗長化を構成しています。
CIFSサービスを利用して磁気ディスクシステムへアクセスする際は、代表ホスト名を使用してください。

CIFSサーバ 代表ホスト名smbgw.cc.kek.jp

CIFS(samba)アクセスのパスワードとワークサーバにログインする際のパスワードは同一ではありませんので、ご注意ください。

以下に CIFS へアクセスするためのパスを記載します。

領域ワークグループ磁気ディスク領域上のパスWindows アクセスパスMacOSX アクセスアドレス
ホーム領域Acc/home/acc/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_accsmb://smbgw.cc.kek.jp/h_acc
Atlas/home/atlas/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_atlassmb://smbgw.cc.kek.jp/h_atlas
Bess/home/bess/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_besssmb://smbgw.cc.kek.jp/h_bess
Central/home/ce/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_cesmb://smbgw.cc.kek.jp/h_ce
CMB/home/cmb/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_cmbsmb://smbgw.cc.kek.jp/h_cmb
Had/home/had/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_hadsmb://smbgw.cc.kek.jp/h_had
ILC/home/ilc/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_ilcsmb://smbgw.cc.kek.jp/h_ilc
MLF/home/mlf/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_mlfsmb://smbgw.cc.kek.jp/h_mlf
PS/home/ps/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_pssmb://smbgw.cc.kek.jp/h_ps
T2K/home/t2k/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_t2ksmb://smbgw.cc.kek.jp/h_t2k
Theory/home/th/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_thsmb://smbgw.cc.kek.jp/h_th
Belle/home/belle/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_bellesmb://smbgw.cc.kek.jp/h_belle
Belle2/home/belle2/ユーザ名\\smbgw.cc.kek.jp\h_belle2smb://smbgw.cc.kek.jp/h_belle2
領域ワークグループ磁気ディスク領域上のパスWindows アクセスパスMacOSX アクセスアドレス
グループ領域Acc/group/acc\\smbgw.cc.kek.jp\g_accsmb://smbgw.cc.kek.jp/g_acc
Atlas/group/atlas\\smbgw.cc.kek.jp\g_atlassmb://smbgw.cc.kek.jp/g_atlas
Bess/group/bess\\smbgw.cc.kek.jp\g_besssmb://smbgw.cc.kek.jp/g_bess
Central/group/ce\\smbgw.cc.kek.jp\g_cesmb://smbgw.cc.kek.jp/g_ce
CMB/group/cmb\\smbgw.cc.kek.jp\g_cmbsmb://smbgw.cc.kek.jp/g_cmb
Had/group/had\\smbgw.cc.kek.jp\g_hadsmb://smbgw.cc.kek.jp/g_had
ILC/group/ilc\\smbgw.cc.kek.jp\g_ilcsmb://smbgw.cc.kek.jp/g_ilc
MLF/group/mlf\\smbgw.cc.kek.jp\g_mlfsmb://smbgw.cc.kek.jp/g_mlf
PFCS/group/pfcs\\smbgw.cc.kek.jp\g_pfcssmb://smbgw.cc.kek.jp/g_pfcs
PS/group/ps\\smbgw.cc.kek.jp\g_pssmb://smbgw.cc.kek.jp/g_ps
T2K/group/t2k\\smbgw.cc.kek.jp\g_t2ksmb://smbgw.cc.kek.jp/g_t2k
Theory/group/th\\smbgw.cc.kek.jp\g_thsmb://smbgw.cc.kek.jp/g_th
Belle/group/belle\\smbgw.cc.kek.jp\g_bellesmb://smbgw.cc.kek.jp/g_belle
Belle2/group/belle2\\smbgw.cc.kek.jp\g_belle2smb://smbgw.cc.kek.jp/g_belle2

下記に Windows からのアクセス方法の一例を記載します。

  • エクスプローラーをたちあげ、ネットワーク上のコンピュータの検索を行う
  • コンピュータ名に「smbgw.cc.kek.jp」を入力し、検索を実行する
  • 検索結果で表示されたコンピュータを選択し、ダブルクリックすると、ユーザ名、パスワードの入力画面が表示される
  • 申請後に送付されたユーザ名、パスワードを入力し、ログインする
  • 上記表を参照し、使用するグループ/ホーム領域へアクセスする

CIFS パスワード変更方法

CIFSアクセス用パスワードの変更は、下記 URL より実施してください。

https://smbgw.cc.kek.jp/smbpasswd/index.html

上記ページの各入力項目には、次の内容を記述してください。

ユーザ名中央計算機システムの登録ユーザ名を記述
古いパスワード申請時に送付された CIFS アクセス用パスワードを入力
新しいパスワード任意の文字列を入力(※1)
新しいパスワード
確認入力
新しいパスワードの確認入力

※1:新しいパスワードは以下の条件を満たす任意の文字列になります。

  • 9文字以上
  • アルファベット 1文字以上含む
  • 数字 1文字以上を含む
  • 記号 1文字以上を含む


従来システムから移行したホームディレクトリのデータ

従来システムのホームディレクトリのデータ保存先について記載します。
従来システムのホームディレクトリのデータは /old 配下 にあり読取専用となっています。適宜必要なデータをご自身のホームディレクトリにコピーしてください。

以下にデータ保存先へアクセスするためのパスを記載します。
データ保存先(/old/“ワークグループ名”/“ユーザ名”)

ワークグループ
/サブグループ
データ保存先
ディレクトリ・パス
旧計算機システム利用時の
ディレクトリ・パス
Acc/old/acc/home/acc
Atlas/old/atlas/home/atlas
Bess/old/bess/home/bess
Central/old/ce/home/ce
CMB/old/cmb/home/cmb
Had/old/had/home/had
ILC/old/ilc/home/ilc
MLF/old/mlf/home/mlf
PS/old/ps/home/ps
T2K/old/t2k/home/t2k
Theory/old/th/home/th
Belle/old/belle/home/belle
Belle2/old/belle2/home/belle2

従来システムから移行したグループディレクトリのデータ

従来システムのグループディレクトリのデータ保存先について記載します。
従来システムのグループディレクトリのデータは同様のディレクトリに保存されています。
ただし、/group/belle/usersディレクトリのデータは /group/belle/users_old 配下 にあります。適宜必要なデータをご自身のグループディレクトリにコピーしてください。

ワークグループ
/サブグループ
データ保存先
ディレクトリ・パス
旧計算機システム利用時の
ディレクトリ・パス
Belle/group/belle/users_old/group/belle/users

従来システムから移行したライブラリディレクトリのデータ

従来システムのライブラリディレクトリのデータ保存先について記載します。
ライブラリディレクトリのデータは /sw/old にあり読取専用となっています。適宜必要なデータを各グループのライブラリディレクトリにコピーしてください。
従来システムの/sw/share/etcのデータは同様のディレクトリに2016年8月5日時点のデータが保存されていますが、/sw/share/etc/skel領域は新システム環境用の環境設定ファイルが格納されています。

対象領域データ保存先
ディレクトリ・パス
旧計算機システム利用時の
ディレクトリ・パス
ライブラリ領域/sw/old/sw
/sw/share/etc
(/sw/share/etc/skelを除く)
/sw/share/etc


利用上の注意

利用申請

  • CIFS を利用するためには、データ解析システムに アカウント を申請する必要があります。申請書は こちら の「運用計算機システム」を参照ください。申請時に、CIFS を利用する場合は「ユーザーアカウント申請書」の "CIFSサーバ" にチェックをしてください。
  • NFS/CIFS サービスを利用できるのは、KEK 内のクライアントに限ります。
  • NAT 環境からのディスク領域へのアクセスは不可とします。
  • NFS サービスを利用してディスク領域へアクセスするホストは、機構のノードデータベース、及び DNS に登録されている必要があります。
  • NFS サービスを利用してアクセスする場合、クライアントの IP アドレスをサーバ上に定義します。IP アドレスに変更が発生した場合は、変更申請を行ってください。
  • NFS サービスを利用したディスク領域へのアクセスについては、 root 権限でのアクセスは許可されていません。

使用可能領域

ここでは、ホーム領域およびグループ領域のサイズや使用状況の確認方法について記載します。


Last-modified: 2018-10-16 (火) 10:04:04 (1m)